No.5  地震予知夢 

地震国日本ではあるが、それにしても各地で発生している地震の規模が以前より大きくなってきている
のは、何か不気味な感じがする。

昨年の新潟県中越地震を思えば、日本のどこに住んでいても、地震に対しては相当な警戒心を持たざる
をえないだろう。

特に、いつ来てもおかしくないとされる関東、東海の大地震は、テレビでも特集番組が多くなっている
ようにこの地域に住んでいる人や自分にとっても大きな不安材料だ。

今回は、私の不思議体験から、今でも続いている予知夢に焦点を当て、その中でも見る頻度の多い地震
予知夢について、それと、その地震予知の公開についても述べてみたい。

私は子供の頃から本当にいろいろな不思議な体験をしてきた。
その中でも地震予知夢は35年近くも続いていて、それは現在も見ている。

この予知夢の公開を説明する前に、「潜裡眼」のページに載せてある「私の不思議体験」の中から、地
震予知夢のところを抜き出してみたので、まだ読んでいない人は目を通していただきたい。
抜き出したところは文字の色を変えてあるので、既に読んだ人はこのところを飛ばしても構わない。

  地震予知夢

私は20才頃から地震が起きる夢を見るようになった。それは正夢である。
その夢を初めて見たときは、自分が地震の起きている中にいた。

私はそこで目の前にある建物を見ている。その建物の一部が地震の揺れで崩れて落ちていく。
夢としてはこれだけだが、その中にいる自分は、はっきりとした現実そのものである。
このはっきりとした映像が予知夢となる。

建物の崩れ具合で、震度3とか4と決める。そしてその地震は、夢を見た次の日から1週間以内に来る
という予知になる。

私が20代で見た地震の夢は、どういうわけか、ほとんどこのようなパターンの夢だった。
そして8割は的中したと記憶している。

このようなこともあった。たしか1980年頃の夏の夜中だと記憶しているが、震度4の地震が時間を
おいて2回続けてきた。このときも、2回続けて来る夢を見ていた。

私が今までにこのような夢を見た時は、何度か知人にも告げてきた。「明日から1週間以内に震度4の
地震が来る」というふうに言っていた。

そして、その通りに地震が来たときは大変驚いていた。その後は必ず、次の言葉が出てくる。
「東京に大地震が来るときは教えて」これはどの人も同じだった。そのくらい東京に大地震が来るとい
うことに、ほとんどの人は敏感になっていると思われる。

このことは30年くらい前からそろそろ危ないなどと、いろいろな方面で言われ続けている。
しかし、まだ東京に大地震が来ていないように、私自身もまだこのような夢を見たことがない。

20代から今まで、地震に関する夢は、それも震度4クラスは最低でも25回以上は見ている。
この頃は、当たるのは当然だと思っていた。30代からは、潜在意識やヒーリングの研究に集中するよ
うになったため、またそのことにあまりにも熱心になりすぎて地震の波動を受ける繊細な感覚は薄らい
でいった。

的中率も少し落ちてきた。しかし地震の夢は今も見続けている。

このような意識状態で地震の波動をキャッチすることも薄らいでいたが、1999年2月、私は今まで
に見た地震の夢の中でも最大の強力な夢、しかも強烈にはっきりした夢を見た。

それは、私自身これから最も注意しなければならないと思った、気を引きしめる内容だった。

  地震エネルギーの場

私は夢を見た。

それは戦慄がはしる内容だった。私の目の前でくり広げられていた場景に全身固まった。
巨大エネルギーが蓄積されて、今にもそれが、はじけようとしている場面だった。場所は東京の下であ
る。

それは、渦巻きバネのように巨大プレートが完全に巻かれ、その中心近くからは、その巻きの強さで岩
盤が勢いよくあちこちにはじき飛んでいるという場面だった。

壮大なスケールだった。想像を絶するエネルギーの力が、それを見ている自分にも強烈に伝わってくる。
その場景を見ている私は、恐怖のあまり、思わず後ずさりするほどだった。

私は心の中で、(夢の中でも現実と変わらない)「今、これがはじけたら大変なことになる。でももう
限界だぁ」 と不安の頂点に達していた。
そして思わず、「ああぁ!もう終わりだぁ」という思いで絞り出すように心で叫んでいた。

巨大プレートが動く。
その瞬間、その巻かれている巨大プレートが一気にはじけると思ったのだが、ゆっくり、すべるように
弛んだだけだった。

少し「ホッ」とした。エネルギーが少し解放されたのだ。完全にではなく、ある程度である。
そこで夢から覚めた。心臓が少しドキドキしていた。今までにこれほど疲れた夢はなかった。

この地震を起こす巨大エネルギーの夢を分析してみたい。
私が今までに見た地震の夢は、すべてその場で地震の揺れを感じているのである。

しかしこの巨大エネルギーの夢は、その場では地震の揺れを感じていない。
ということは、この夢は東京の下で起こる直下型大地震を意味するものではないと判断した。

私はこの夢で、東京の下あたりにある巨大プレートと巨大エネルギーの感じを映像に変えて見せてもら
った。何故このような夢を見ることになったかは未だ不明である。

私が今まで見てきた地震の夢のすべてが的中したということはない。
私はあくまで第六感に関して書いているのであって、何かを予言しようとする人間ではない。

地震予知の夢は、それを見ようと集中しても見ることはできない。それはエネルギーの波動を敏感に受
けとめる潜在意識の中で見るからだ。

地震が起きる可能性がないということは、そのエネルギーも蓄積されていないということである。だか
ら地震の夢を見ることに集中するということは、無駄な努力をすることになる。

あくまで蓄積されたエネルギーが解放される前に出てくる波動をタイミングよくキャッチするだけであ
る。

感覚を解放しておけば自然に見るものである。私は何もしていない。いつもただ寝ているだけである。


  分析結果として

私が見た巨大エネルギーの夢は、今考えてみると翌年に起きた伊豆諸島の群発地震のことではないかと
分析している。

いつもの地震予知夢なら、夢を見てから1週間以内に地震がくるのだが、この場合は1年以上の間隔が
あった。

この時の夢自体は、いつもの地震の夢と違っていたのでその夢が何を意味しているか分析するのは難し
かった。それでも、すぐに大地震につながらないという事はその夢からは推測できた。

しかし、このようなはっきりとした夢は、いつかは起こるということになる。
この時の巨大エネルギーのプレートがすべるように弛んだということは、エネルギーの解放である。

私が見たエネルギーが急激に解放されたとしたら、巨大な直下型の地震になったかもしれない。
結局、そのエネルギーは、震度5以上の地震を何度も起こし、そして三宅島を噴火させその状態を何ヶ
月も続かせた。島民の方も全員非難せざるをえなくなった。

この巨大エネルギー夢は、これらの内容から分析しても、一番この伊豆諸島の群発地震にあてはまると
思っている。問題はこのような予知夢を見たらいつ起こるかというだけである。

今回の夢では、そのエネルギーが少し弛んだ程度であるから、それ以降またエネルギーの蓄積はどんど
ん進行していることになる。

今非常に警戒されている東海地震とこのエネルギーの関係まではわからない。
私自身現時点では、関東、東海方面に関する大地震の夢は見ていない。(03/10/04)


「私の不思議体験」は、5年くらい前に「生命のヒーリング」のサイトとは別に出していたのだが、
「潜裡眼」の内容にも関係あるので後にこのサイトに移した。最後に(03/10/04)とあるのは、
「分析結果として」新たに載せた時の日付である。

今回、私が考えていることは、このような予知夢による地震情報を公開しようということである。
しかし、公開した予知夢がすべて的中するということではなく、あくまで注意という意味である。

地震予知夢を見るようになってから随分経つが、いまだにこのような夢を見ていること自体不思議な気
がする。

「関東に大地震が来る、危ない、危ない」と言われるようになってから、35年以上も経過しているこ
とになる。

このような大地震が来る夢はまだ一度も見ていないが、幸いにも実際にまだ来ていない。
しかし、数年前から私自身は、少し大地震に対してそろそろ真剣に波動をキャッチできるように潜在意
識を緩めるようにしなければならないと思っていた。

体験例にも書いてあるように、20代の頃は、震度4前後の地震はかなりの確率で当てられた。
しかし、30代,40代に入っていく中で、夢を見てもその的中率が下がっていった。

理由は、20代は比較的にのんびり過ごしていたが、30代からはヒーリングや潜在意識的な勉強にす
べてをかけるようになったからである。

睡眠時間を削り、すべての時間を潜在意識に集中するように訓練してきたため、本来の睡眠までその訓
練の対象にしてしまった。

どんなに疲れていても、たとえ2時間くらいで目覚めたとしても、目を開ければ瞬間に真昼間の意識状
態になれた。
目覚めた瞬間、どんな難しい問題でもすぐ考えられるように完全に頭が働く状態であった。

自己流とはいえ、結構、特殊な訓練と実践をしていた。
このような状態を続けていれば、微妙な地震のエネルギー波動もうまくキャッチできるはずがない。

結局、この状態のまま現在まで来てしまったが、ここでようやく人間意識の勉強にも一段落ついてきた
ので、これから先潜在意識をゆったりとさせることが出来るだろうと思っている。

ここ2,3年で起きている地震の大きさを考えると、ほとんどの人はかなり地震には敏感になっている。
関東、東海、東南海の地震は、今ではいつ来てもおかしくないとまで言われるようになった。


昨年起きた大きな地震。その夢も見た。

朝起きて、妻に地震の夢の話をした。「明日から1週間以内に震度4の地震が来る」。
そして、次の日、私はまた地震の夢を見た。2日続けて地震予知夢を見たことになる。

朝、妻に言った。「震度4の地震が来た後、その次の日から1週間以内にまた地震が来る。今度は、か
なり大きい。おそらく最低でも震度5以上はあるだろう。こんな大きな揺れを感じたのは初めてだ。お
そらく当るだろう」。

そう言いながら、かなり大きい、震度5以上という地震に、私自身漠然とした不安を感じていた。
その頃、私はいろいろやることを抱えていた。

忙しい状態だったので、はっきりとした日にちは覚えていないが、最初に来るといった地震は、夢を見
た日から4,5日後に来たと記憶している。震度も4前後だと思うが、1週間以内に来たのは間違いない。

ここでいう地震の大きさとは、震源地ではなくここ東京で感じる震度ということである。
あとは、次の日から1週間以内に、震度5が来るはずである。

ところが、1週間、2週間、3週間経っても来ない。おかしい、どうして震度5になるエネルギー波動
をキャッチできなかったのだろう、と考え込んでしまった。
1ヶ月以上経っても来ないので、はずれたとあきらめ、そのことは忘れていた。

ところが、7月23日、震度5強の地震が来た。エレベータのドアが開かなくなって、その中に長い時
間閉じ込められた人がいたというニュースは記憶している人もいるだろう。そのときの地震が震度5強
である。

私が震度5以上の地震が来ると言ったのは、何回も見ている地震予知夢のなかでもこのときが始めてで
ある。

しかし、1ヶ月以上もズレがある。私にとってこの地震予知は「はずれ」である。やはり、地震予知は
1週間以内でなければならないと今でもこだわっている。

以前にも、震度4強くらいの地震が来た時の予知が、1ヶ月近くズレがあったことも記憶している。

震度5の地震はそうめったに来るものではないから、これからどうしてこのようなズレが生じるか考え
なければならない。それ以上大きな地震の場合はどうような予知夢になるのか。

ズレる理由を考えれば、エネルギーの強い分、その波動が先に届き、それをキャッチして夢に表れると
しか今は考えられない。

また、予知が完全にはずれることもあるが、それはどうしてなのか。
単なる地震の夢なのかとなるが、それにしても普通の夢とは質が違う。

地下深くのことだが、何らかの理由でエネルギーが解放されることがあるのか、この辺になるとまった
く自分の手の届かないことになってしまう。

地震が起こるとされる日にちを、少しずらしてみることも必要かもしれない。


私自身、まだ20代の頃のようなゆったりとした意識状態とは程遠いが、しかし、そうは言っていられ
ない。

私の生命、家族の生命に関わることである。私だけではない。私と関わっている人もいるし、その人に
も家族がある。そう考え広げていくと、みんなの生命が大事である。

少しでも危険から身を守れるように、私の予知夢が役に立てることが出来ればという思いで、地震予知
夢の情報を公開しようと思いついた。

この地震予知夢の公開は、私が何らかの行為、たとえば占いとか何かの現象を見て判断したとか、誰か
の情報や科学者の研究情報などを参考にするものではない。

もし、そのようなことをすれば、かなりの責任を感じなければならない。
私はあくまで、自然の眠りの中で地震の夢、すなわち、その映像から震度の大きさを言うだけである。

いつ来るかとか、また必ず見なくてはという気持ちでは、気持ちよく寝ることも出来ないだけでなく、
そのような余計な無意識的な緊張は、本来見ることの出来る予知夢まで見逃すことになりかねない。

また、この予知夢が的中したとしても何ら感心する必要もなく、またはずれたとしても非難することの
ないようにして欲しいと思っている。

自分のプライドや何かの欲のために、また、はずれた時の恥を恐れるために、どうして多くの人が苦し
む大地震が来ることを願えるだろうか。そこまでして、このような予知夢の公開をすることもないだろ
う。

私自身、根本的にこのような考えでいるので、あくまでこのサイトでの地震予知の情報は、たとえば動
物の行動でもまた地震雲などの自然現象、その他では科学的な情報やその他の情報などと合わせて参考
程度にしてほしいと思っている。

この情報は、「七光導」で公開するだけで、それ以外のところで公開することは今のところ考えていな
い。

またこの対象となる地域は、関東地区、今私が住んでいる東京になる。
関東以外に住んでいる人には、こちらに来る予定のある時や親しい人がこちらに住んでいれば、大地震
の情報があったとき参考にしてほしいと思っている。


最後に、自分が素直に思っていることを述べてみたい。

予知夢の公開に当って、震度4クラスの地震予知がすべてはずれたとしても、一度しか来ない大地震の
波動だけは絶対に見逃したくないと思っている。

すべての予知夢が的中するということもない。
たとえ全部はずれたとしても震度4くらいなら、日本ではそれほど影響はないはずである。

今の私は、人、ヒーリンググッズ、本、HP、いろいろなものから出る、またはそこに入っている波動や
意識を読み取ることはかなり敏感に出来る。

それが大地震を起こすエネルギーであれば、必ず前もって察知できる、出来なければおかしいと、自分
ではそう信じて疑っていない。

もしはずすようなことがあれば、おそらく何かのことで頭が大混乱している時だろう。
それ以外考えられない。今後は、この点にも十分注意していくつもりである。



七光導トップへ戻る